あなたの人生を180度変える気学カウンセリング

職場でのランチが苦痛を解決する3つの秘訣

日月 瑛奈
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
日月 瑛奈
九星気学鑑定と色彩心理を使って、自分軸を発見して、行動力をあげる鑑定を行っています。毎日ワクワク楽しく生きるための、おもしろい情報や提案を発信していきます。 「何をしていいのかわからない」や「自信が持てない」などのお悩みに対して、一歩踏み出して、夢を実現するための背中を押すお手伝いをしています。鑑定を受けてみたい方はぜひメールでお問合せ下さい。ご意見・ご感想もいただけると嬉しいです!!

こんにちは。

九星気学鑑定士の

日月瑛奈(たちもり えな)です。

当サイトへお越しくださり、ありがとうございます!

 

皆さんは

NHKさんで 毎週火曜に放映されている『サラメシ』という番組をご存知ですか?

ランチをのぞけば人生が見えてくる

働くオトナの昼ご飯『サラメシ』

 

人様のお昼休みに密着して、

働くオトナたちが、どんなお昼ご飯を食べているかを覗き見する番組なのですが、

私、この番組が大好きなんです。

 

社員全員で集まって食べる職場があったり、

社員が当番制でみんなのお昼ご飯を作ったり。

 

「職場によって、こうも違うのか!」

っていう発見と驚きがあって、とても興味深いのです。

中井貴一さんの軽快なナレーションも、素敵です。

 

働く人たちの、お昼休みを垣間見てるだけなのに、

「みんな、頑張ってるな~。よし、私も頑張ろう!」

と、何故か元気が出る。

そんな、おススメの番組です。

 

そう。

人の数だけ、ランチがある。

 

今回は、働く大人のランチ問題について書いていきます。

ランチの時間が苦痛だと、会社に行くのが憂鬱になる

 

皆さんは、ランチはどこで、誰と食べていますか。

そして、

その時間は楽しいですか?

 

会社の休み時間は、とっても貴重な時間ですよね。どう過ごすかによって、午後からの仕事にも影響されますし、大事な時間です。

そして、このランチの時間を苦痛に感じていると、

会社に行くのが憂鬱になりませんか。

 

私は、憂鬱になりました。

会社を辞めたいとさえ、思うようになったのです。

 

しかし、

勇気を出して行動したことで

新しい世界を手に入れることができました。

 

あなたの「ランチで解決したい悩み」は、どんなことでしょうか。

 

職場のランチで起きる、3つの悩み〜自分で解決するためのヒント~

ランチで憂鬱になる悩みは、ざっくり3つに分けられます。

①一人で過ごしたい。

②一緒に食べるグループの中に苦手な人がいる

③誰かと食べたい。

職場の人と一緒にランチを過ごしているけど、居心地が悪い。

愚痴や噂話など、会話の内容についていけない…。

会話もないのに、ただ一緒に集まって黙々と食べるのが苦痛。

たまには一人になりたい。けど、言い出せない。

一緒に食べる人がいなくて寂しい。

 

皆さんが不満に思っていることは、どんなことですか。

まずは、自分の気持ちを受けとめましょう。ごまかさずに、自分の感情を知るのです。

そして、次に考えてみてください。

 

「あなたの理想の状況」は、どんな状況?

「それができない原因」は、何?

「明日から改善できそうなこと」は、どんなことですか?

 

職場によって、できることも限られる。思い通りにいかないこともある。

たとえば、あなたの理想のランチタイムが、

「外へランチに行きたい」だったとします。

しかし、あなたの会社の周りにお店が全くないとしたら、その願望は叶いませんよね。

また例えば、

「愚痴や噂話を聞きたくない。」だったとして、

職場でランチの部屋が決まっている場合、たとえ席を変えたとしても、

声が聞こえてくる距離なら、ヒソヒソ話が余計気になってしまうこともありますよね。

その場合、どうすればいいのでしょうか。

 

職場のランチが苦痛を解決する3つの秘訣【私の体験】

30代で転職した私。

同年代の女性社員二人組に誘われて、一緒に食べるようになりました。

わからないことも親切に教えてくれて、会話も楽しく、

ランチタイムが憩いの時間でした。

 

しかし、

だんだん私は苦痛に感じてきました。

それは、彼女たちの会話に次第に入っていけなくなったからです。

何故か。

●お昼の時間になっても、スタートが遅い。

●二人しかわからない登場人物の話が出てきて、置いてきぼりになる。

●人の噂話や悪口で盛り上がる。

●明らかに二人だけで会話をしている。

 

『あれ?なんだか居心地が悪いぞ』

と思い始めました。

でも、一対一で話すと、普通の対応なのです。

片方がお休みだと、楽しく会話が弾むのです。

 

しかし、二人になると、全く別の人格になったように、私にとって『怖い存在』になるのでした。

毎日、ランチのことを考えるだけで憂鬱になり、別の内定していた会社に行けば良かった、と後悔するようになりました。

 

私はこの時、

「二人に私はどう思われているのだろうか?」

「もしかして、嫌われているのだろうか?」

という思いに捕らわれて日々を過ごしていました。

 

そしてそんなある日、二人が黙って外へランチに出かけてしまう、

という、私にとってショックな出来事がありました。

 

誘われなかったことがショックだったのではありません。

「私と一緒にランチを食べている、という認識が無い」

という、私がずっとモヤモヤ感じていた事実が、明らかとなったからです。

 

「気のせい」でも「考えすぎ」でも無かったんだ。

私もようやく目が覚めました。

クヨクヨ悩んでいた自分に気が付いて、そんな自分が、とても嫌になったのです。

「一人で食べよう」

と、決意したのでした。

 

その翌日、

「今日からは自分の机で食べるね」

にっこり笑って告げたところ、向こうも笑って、

「はーい」

と返事が返ってきました。

当然、向こうも二人で食べたかったはずなので、お互いにとって良い結果となったのでした。

 

「一人で食べる」ことを決断するまでに、時間がかかりましたが、ずっと悩んでいたのがウソみたいに、簡単なことでした。

 

その後の私は、しばらく自分の机でお弁当を食べていましたが、外食をするようになりました。

 

趣味で色彩検定の3級と2級を取りましたが、ランチの時間を勉強時間に充てられたことが大きかったです。

 

また、社内のいろんな人と気軽にランチに出かけるようになりました。

誘われることも増えて、人間関係の幅が広がりました。

 

毎日同じ人も、良いですが、

「基本一人、たまに別の人」という私なりのランチタイムを過ごすことが出来て、あの時、一人になって良かったな、と思っています。

 

①「状況を変えられない」という思い込みを無くす

あなたが、状況を変えられない原因と考えていることは、

もしかすると

思い込みの可能性があります。

 

例えば、私の場合

『入社初日にランチを誰と過ごすかで、その後のランチ生活が決まる』

と、思っていました。この「しきたり」を途中で変えると、

周りから『何かあったのか?』と勘ぐられる

いっしょに食べていた相手とギクシャクする

協調性がない、と評価される

そんなことを心配して、私は行動できませんでした。

でも、実際はそんなことはありませんでした。

 

周りから勘ぐられる → 別に勘ぐられても良い

彼女たちとのその後 → むしろ、良好な関係になった

協調性がない → むしろコミュニケーションの機会が増えた

 

あなたが、無理だと思っていること、

本当にそうでしょうか。

 

② 不満や愚痴を言う人や、居心地の悪い場所から距離を置く

不満や愚痴ばかり言うのは、

気学の世界では「運気が下がる」行為だと言われています。

そんな人と一緒にいると、自分まで悪い影響を受けてしまいます。

 

とは言っても、

気の許す相手に、愚痴をこぼすこともありますよね!

聞いてもらうだけでスッキリしますし、私もやります(笑)。

 

ただ、

会話の大半が愚痴や悪口だと、聞く方は疲れてしまいます。

たとえ愚痴を言っても、最後はポジティブな言葉で締めくくることをおススメします。

話題を変えても、またネガティブな話題に引き戻るようなら、そんな相手とは、距離を置いてもいいと思います。

 

③ 相手への配慮を忘れない

実は私、

彼女たちとのランチで

居心地が悪くなる状況を自ら作り上げていました。

 

二人が席に着く前に、一人でさっさと先に食べ始めて

会話の登場人物がわからないと、会話に入ろうともせず、携帯ばかりいじっていました。

私も大概、相手からすると感じ悪かったと思います(笑)。

 

なので、こんな状況になったのは、

私自身が撒いた種でもあったのです。

 

どんな行動をとるにせよ、相手への配慮は必要です。

相手を傷つけてまで、自分の願望を固持すると

どこかにひずみが生じてしまいます。

 

かといって、

相手への配慮とは、いやいや一緒に食べることでもありませんよね。

「笑顔」で「相手の要望」も考えて行動をすることもお忘れなく。

 

結び:一爻不足(足りないことを喜びにかえる)という考え方も

いかがでしたか。

まとめると、

① 状況を変えられない、という思い込みを無くす。

② 不満や愚痴を言う人や、居心地の悪い場所から距離を置く。

③ 相手への配慮を忘れない。

 

たかがランチ、されどランチ。

気学では、「足りないことを喜びに変える」ことで開運するといわれています。

今の不満な状況は、あなたに何を教えてくれているのでしょうか。

 

行動することでしょうか。

考えを変えることでしょうか。

 

ゆっくり自分と向き合ってみてくださいね。

 

以上

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

幸せの最短距離はコチラ!!

おでかけ風水30日無料トライアル第3期の先行予約 (HSC)

この記事を書いている人 - WRITER -
日月 瑛奈
九星気学鑑定と色彩心理を使って、自分軸を発見して、行動力をあげる鑑定を行っています。毎日ワクワク楽しく生きるための、おもしろい情報や提案を発信していきます。 「何をしていいのかわからない」や「自信が持てない」などのお悩みに対して、一歩踏み出して、夢を実現するための背中を押すお手伝いをしています。鑑定を受けてみたい方はぜひメールでお問合せ下さい。ご意見・ご感想もいただけると嬉しいです!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です